マツダ、三次市で移動サービス実証実験を開始

マツダは2018年12月14日、広島県三次市において、地域住民と広島県および三次市と連携し、コネクティビティー技術を活用した移動サービス実証実験を開始したと発表した。

これは、将来のライドシェアを見据えた移動サービスの一環で、三次市などの中山間地域では、高齢者や身体の不自由な方を中心に移動手段が不足していることを懸念し、マツダがコネクティビティー技術を提案することで、地域住民が助け合うコミュニティづくりやライドシェアを行うための地域内外のドライバーの誘致を促す考えだ。

マツダはこの移動サービスの実証実験において、地域移動サービスで用いる運行管理システムおよび利用者用のアプリ開発を担当。このアプリは、ライドシェアを利用したい住民が簡単に予約などができるもので、地域住民が運行する地域移動サービス運営の手助けとなるほか、よりたくさんの人に参加してもらうための施策としてアプリ内のコンテンツを充実を図るという。今回の実証実験で得られたデータは蓄積され、次世代コネクティビティー技術や自動運転技術と組み合わせたライドシェアサービスの開発に生かすそうだ。

マツダはこれまで「人間中心」の開発を目標としており、今後は運転する際の「走る歓び」だけではなく、クルマを通して人々に「生きる歓び」を提供する施策をより増やしていく考えだ。