ダイハツ、「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参画

ダイハツ工業は2018年12月14、日本総合研究所が設立した「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参画することを決定したと発表した。

高齢化による移動サービスの必要性は地方のみならず、都市郊外でも需要が伸びている。特に郊外ニュータウンの多くは丘陵地帯にあるため坂道も多く、高齢者の徒歩による移動が困難になっている。

そこで同コンソーシアムでは、まちなか自動移動サービスを提供する取り組みを始めた。運転手の人件費がかからない自動運転であれば、利用者数が限られる場合であっても、低料金で移動サービスを提供しやすく、高齢者などの近隣への移動をサポートする手段として、多くの地域への導入を見込む。

ダイハツは、グループスローガン“Light you up”のもと「お客様一人ひとりを照らし、きめ細やかな商品やサービスを実現することで、輝いたライフスタイルを提供すること」を目標としており、同コンソーシアムにおいても積極的に協力していく考えだ。

具体的には、ダイハツは「アトレーワゴン」をベースとした専用車を用い、生活に寄り添った乗合サービスに最適な車両要件を検証する。幅の狭い生活道路を走行するのに適し、さらに十分な乗員人数と居住スペースを備えるダイハツらしい低コストな車両を提供しつつ、地域受容性・乗降性・快適性についてテストを行う予定だ。将来の地域移動に必要なハードとソフトを見極めるべく、まずは自動運転ではなく、交通事業者の運転士による手動運行からスタートするという。

サービスの実証実験は、2018年12月16日から2019年2月1日まで、神戸市北区の住宅地で実施する。