楽天、協働プログラムで気軽な旅「おてつたび」支援

楽天は2018年10月27日、地方創生イベント「Inspire 2018」において、社会課題の解決を目指す社会起業家と楽天社員が協働して実施する半年間のプログラム「Rakuten Social Accelerator」を紹介した。

2018年8月には、六つの協働プログラムを発表しているが、イベント会場ではその一つである「おてつたび」を展示していた。

おてつたびは、今まで訪れたことのない地域で数日間「お手伝い」をする代わりに、宿までの交通費、食事、宿泊場所が無料になるというもの。

現在は半クローズドで実施しており、サイトで事前登録をしてもらうと、おてつたび先を紹介する。興味があるおてつたび先があった場合は手を挙げて行くことができ、新たな地域や人との出会いを体験できる仕組み。

著名な観光地以外に、優れた自然やおいしい食事、暖かい周囲の人との触れ合いを通じて、何度も来たくなるような旅の楽しみを提供する。