ヤマハ発動機、磐田市で低速自動運転車の実証実験

ヤマハ発動機は2018年10月16日、磐田市と同市内での低速自動運転技術に関する実証実験についての連携協定を締結したと発表した。

2019年前半から2年間の予定で、(1)と公道実環境における低速自動運転車向け新規技術の評価と改良、(2)低速自動運転車の安全かつ円滑な運行に求められる交通環境の検討ーーという二つを実証する。

ヤマハ発動機のゴルフカートをベースに公道走行できるように灯火やウインカーなどを追加した車両を使い、磐田市内の数カ所で実験する。